私たちの保育方針・テーマ

保育の理念

社会福祉法人萌木会の運営する保育園は、児童福祉法に基づき「保育を必要とする」乳幼児の保育を行いますが、保育にあたっては子どもの人権や主体性を尊重し、児童の最善の幸福のために日夜、保護者や地域社会と力を合わせ、児童の福祉を積極的に増進し、 あわせて地域における家族援助を行います。
なお、児童の福祉を積極的に進めるために職員は、豊かな愛情をもって接し、児童の処遇向上のため知識の修得と技術の向上に努めます。また、家族援助のために常に社会性と良識に磨きをかけ相互に啓発いたします。

保育の基本方針
保育方針は、「保育所保育指針」に依拠して、職員が保育に臨む基本的姿勢にあっては、子どもや家族に対してわけへだてなく保育を行い、人権を尊重しプライバシーを保護することを第一義としています。また、常に児童の最高の幸福を願うために 保護者から意見や要望があれば真摯に傾聴し、不明なところがあれば平易に説明をして、よりよい保育のために努力研鑽することを基本としています。

 

  1. 子どもの健康と安全を基本にして保護者の協力の下に家庭養育の補完を行う。

  2. 子どもが健康安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図る。

  3. 豊かな人間性をもった子どもを育成する。

  4. 乳幼児などの保育に関する要望や意見、相談に際しては、わかりやすい用語で説明をして、公的施設としての社会的責任を果たす。

保育の目標

元気な子ども

 

  • 歩く、走る、跳ぶなど戸外での活動を十分に楽しむ

  • 健康で十分な発育ができるよう薄着の習慣を身につける

  • 運動や休息、栄養をとり、規則正しい生活を送り、自ら安全を守るような生活習慣及び態度を見につける

  • くつろいだ雰囲気の中で情緒が安定し、意欲的に遊ぶ力を育む

 

仲のよい子ども

 

  • 積極的に遊びや生活ができるようにし、自主協調といった社会生活の基礎となるような態度を養う

  • 相手の人権を尊重し、思いやりのある心を育てる

身辺処理のできる子ども

 

  • 食事、排泄、睡眠、着脱衣、清潔などの正しい習慣をくり返し自立の芽生えを養う

  • 身のまわりの簡単なことは、自分で処理する力を育む

考える子ども

 

  • 生活の中で言葉への興味や関心を育て、豊かな情操、思考力、表現力の基礎を培う

  • 自然の世界に多くふれ、豊かな体験を通して自分なりに物を見たり、感じたり考えたりして、豊かな感性と創造性の芽生えを培う

  • 自然に対する知的興味や関心を育て、思考力、認識力を培い、科学的に観察する力を養う

保育テーマ

自然・愛・調和

萌夢(モエム)では、大切なお子様の一生を見据え、“親御さんと一緒に子育てをする”をモットーにそれぞれの保育者がお子様の人間形成上、一番大切な時期に接していることの責任とやりがいを感じ保育にあたっています。

入園にあたって

自分の安全のすべてを守ってくれた親御さんから離れ、新しい環境で一人で過ごす時間は不安でいっぱいです。泣きながら不安な気持ちを表します。入園当初は心身共に疲れています。そんなお子様の負担を軽減するために、ならし保育を行います。個人差はありますが、約一ヶ月でお子様にとって保育園は、安全で安心な場所であり、楽しい場所となってくれます。

育児相談

核家族が進み、子供の育て方に関するアドバイスを受けにくくなったご父兄様も多いと思います。萌夢ではは、園の運営とともに、さいたま市の子育て支援センターとして子育てを通して親子の(支えあい・あそび・育てあい・学びの場)となるように、地域の楽しい交流の場を設けておりますので、子育てに関する悩みがございましたら、是非ご相談ください。

育児相談
・育児情報の提供(離乳食相談・栄養相談なども承ります。)
・談話室(おやこの時間)
・身体測定

活動内容

TEL:048-885-8489

子育てで心配なことや困っていることがありましたら、お気軽にご相談ください。 電話相談(月曜日~金曜日) 午前9時~12時 午後1時~4時 面接相談(月曜日~金曜日、予約制) あらかじめご都合の良い日時を決めて、来園していただきます。

※秘密は厳守いたします。

育児相談

・ゴミ、使用済みの紙おむつは、各自お持ち帰り下さい。
・車での来園はご遠慮下さい。

 (ベビーカーや自転車は置けます。)
・食べ物の持ち込みはご遠慮下さい。(授乳、水分補給は可)

おやくそく

© 2019 社会福祉法人萌木会 保育園 萌夢

〒336-0015 さいたま市南区太田窪4-17-7 TEL:048-885-8489 FAX:048-881-5191 MAP